NPhA日本保険薬局協会

Google
TOP > 委員会活動 > 特別委員会

委員会活動

流通適正効率化委員会

保険薬局業務の中には、薬価、調剤報酬点数など公的に定められたものと、 市場原理で決定されるものとが混在しております。

当然公的なものに関しては、地域性等は加味されず全国共通のものとなっておりますが、市場原理で決定されるものには地域性が大きく影響しているのが現状となっております。
当委員会は、これら様々な要素を断片的にではなく横断的に検討し、保険薬局に関わる多くの企業からも参加・協力を頂きながら、保険薬局の適正なる経済的基盤を構築していきたいと考えております。
そして他の委員会との連携の下、当協会のスケールメリットを最大限に活用し様々なデーターベースのディスクローズを行い、関係団体を含め日本の医療・健康産業の健全なる発展の一翼を担い、当協会の目的である真の国民のための保険薬局となるよう皆様方の参加をお願い申し上げます。

活動テーマ

  1. 医療用医薬品の流通改善に向けての努力
  2. 医療業界発展への寄与

実施内容

活動テーマ

  • 厚生労働省の「流通改善懇談会」の方針の沿って対応することとする。
  • 医薬品の流通改善の一環として、早期妥結、覚書の締結、単品単価取引を推進する。
  • 日本医薬品卸業連合会などの業界団体と定期的な会合を持ち、意思の疎通を図り、問題点を共有する。
  • JANコードからGS-1コードへの変更、普及の推進を図る。